So-net無料ブログ作成
翻訳記事 ブログトップ

体にとても良い、桃とバナナの相互作用 [翻訳記事]

今日は翻訳記事第2弾ということで、Ezine Articlesで気になった英語の記事の紹介をしてみたいと思います。

紹介するのはこちらの記事。
https://ezinearticles.com/?What-to-Have-for-Lunch?-Try-Peaches-and-Banana&id=9981229

「お昼に何を食べようか迷っているなら、桃とバナナはどうでしょう?」です。
(What to Have for Lunch? Try Peaches and Banana)

ちょっと物足りないかもしれませんが、栄養素としては非常に優れているのだそうです。
ダイエット中なら、とても良さそうですね。

桃とバナナは、ビタミンやミネラルが豊富で、老化を防ぐ抗酸化作用もあります。

現代の、オフィスなどで座る時間の長い仕事をしている人々は、お昼にファーストフードなどの高カロリー食を食べてしまうとたちまちカロリーの過剰摂取になってしまいます。

そこでフルーツをお昼に採ることがおすすめですが、特に桃とバナナは体に良く、さらに相互の相性がとても良いのです。

桃とバナナは、お互いを補完するような働きをします。

fruit_momo.png

桃は、体、顔、肌の外観をリフレッシュすることができ、さらに老化プロセスを遅らせる働きがあります。
桃は栄養価が高く、たくさんのビタミン、ミネラル、抗酸化作用を持つ栄養を含んでいます。
桃のこのような特徴は、実はあまり知られていないのではないでしょうか。


banana_kawa_muke.png

バナナは世界中で非常に人気があり、広く行き渡っている果物なので、よく食べる人も多いのではないでしょうか。
青かったり、熟しすぎたりしないように、黒い斑点が出てきたくらいのタイミングで食べるのが良いです。
そして皮を簡単に剥がすことができるのも良いですよね。

桃のように、バナナはビタミン、ミネラル、抗酸化物質を含んでいます。


私はデスクワーク中心の生活なので、お昼にはアーモンドナッツを食べることが多かったです。
しかし、ナッツだけではおなかが満たされないので、お菓子を食べてしまうこともしばしば・・・。

例えば、桃2つとバナナ2つを食べればかなりおなかが満たされます。
標準的なサイズの桃は、約70カロリーなので、2つで、140カロリー。
バナナは約150カロリーなので、2つは300カロリーとなります。

合計で約440カロリーになります。
ダイエット中の方でも、罪悪感なく食べられる量ではないでしょうか。

ただし、桃とバナナは他の甘いフルーツ同様に糖を豊富に含んでいますので、お菓子よりは良いと思いますが、食べ過ぎには注意しましょう。


タグ:桃とバナナ
nice!(139)  コメント(4) 
翻訳記事 ブログトップ